男女

知識がなくても簡単に塾を開業することが可能

成功に必須となるサポート

相談

習慣の違いがポイントに

国内で顧客の奪い合いが激化するなか、海外進出で事業拡大・安定化を検討する動きが広まってきています。東アジアに位置する日本は、知名度や距離の優位性を考慮して、中国および南アジア方面が進出先として注目されているのです。これまでは中国が中心でしたが、技術の発達と人件費高騰により南アジアに進出するケースが増加し、いくつもの企業が既に成功を収めています。南アジアの中で特に注目されているインドネシアは、首都ジャカルタを中心に近代化が進み、世界中の企業が進出している国です。日系企業も多く見られますが、法律やインドネシア国民の習慣が日本と異なるため、クリアしなければならない壁は低くありません。つまり、企業の規模にかかわらずコンサルティングのサポートがカギとなり、成功の近道でもあるのです。インドネシアではいくつかの日本語対応コンサルティングが存在し、通訳サービスを介さず、直接依頼がしやすい点も支持につながっています。コンサルティングスタッフの中には日本人の現地駐在員もいますので、安心感も抜群といえるでしょう。日本人スタッフは日本・インドネシア両国の異なる習慣がはっきりと分かるため、事業開始後のトラブルが未然に防げるのです。特にインドネシアはイスラム教徒比率が非常に高いことから、自社製品にも配慮を施さなければなりません。コンサルティングのサポートは致命的なミスを防ぐ役割があり、インドネシア進出には欠かせない重要な存在といえるのです。