男女

知識がなくても簡単に塾を開業することが可能

現地法人を設立する流れ

会社

海外での事業展開

香港で会社設立をする場合はその流れと必要な知識を把握する必要があり、それが出来なければ法人をたてることが出来ません。なので必ず専門のコンサルタントかアドバイザーと契約し、香港で行う会社設立の一連の流れを確実にこなしていきましょう。法人名の申請から始まる手続きの流れを知るよりもまず、現地雇用を行うことが海外での現地法人立ち上げの肝であることを知っておくべきです。決して現地において日本人だけで事業をまわしていくことは出来ませんし、香港という国がそれを許してくれません。なぜ香港が日本企業の進出を許すのかというと、香港人の雇用が増えるからなのです。逆に言えば会社設立を行っても現地で雇用を行わない会社は邪魔であり、香港にとってデメリットしかありません。現地で取締役を雇用することによって、現地での信頼を得られるのだといううコトを認識しておかなければ、海外進出は上手くいかないのです。会社設立の流れもそうした現地とのコミュニケーション、そして雇用が必要不可欠となっています。専門のコンサルタントなどに対処してもらえば食い違いなども発生せず、スムーズに会社設立が行えるでしょう。一応一人の日本人でも会社設立自体は行えますが、その場合はオフィスの確保も出来ないので、連絡くらいの業務しか出来ません。変に固執せず、現地で行う雇用に力を入れていきましょう。経営ビザを取得し、現地での雇用をしっかり行えば新しい土地での事業が成功することは確実です。