HOME>トピックス>今流行りのタワーマンションは売却の際にも買い手が付きやすい

今流行りのタワーマンションは売却の際にも買い手が付きやすい

ウーマン

中古の物件でも買い手がすぐにつくことがある

タワーマンションは、2000年頃から市場に多く出始めた、高層階のマンションです。そして、多くのタワーマンションは、都心部にあり、駅からも近いため、立地条件がとても良い所に作られています。さらに、高層階からの眺めが良く、憧れる人も数多くいるでしょう。タワーマンションは、中古でも資産価値が落ちにくいという特徴があります。なぜならば、まずは、人気が高いため、周辺地域の物件より、資産価値が高いこと。次に、立地条件の良さや、展望の良さやが挙げられます。その他にも、マンションの耐震性に優れていることなどがあります。そのために、タワーマンションを売却する場合、中古でもすぐに買い手がつくことがあります。また、投資目的で買いたい人もいるために、売れやすいのです。

人形と木のブロック

人気の物件を調べて相場を調べよう

タワーマンションを売却する場合には、同じ地域にあるマンションよりも、高く売れる場合が多くあります。そのために、相場も高くなることが多いでしょう。さらに、タワーマンションの建設には、高いノウハウと、高額の資金が必要です。そのために、分譲や販売をするのは、大手の不動産会社が中心となっています。大手不動産会社が建設する人気のタワーマンションの特徴は、都心エリアや湾岸エリアに多く建っています。また、外観やエントランスのグレードを上げることにより、資産価値を保つというコンセプトの元に作られました。そして、売却する時の相場は、他のブランドよりも、かなり高額になります。そのために、購入者は、富裕層や投資目的の会社や個人が、中心になるでしょう。