婦人

知識がなくても簡単に塾を開業することが可能

相談

成功に必須となるサポート

同じアジアの中で特に急成長しているインドネシアは、海外進出先として注目を浴びています。しかし、法律や人々の習慣が異なるため、コンサルティング会社のサポートが成功の近道となるでしょう。現地には両国の違いを把握している日本人スタッフが存在し、安心感だけでなく致命的なミスが防げます。

会社

現地法人を設立する流れ

香港で会社設立を実行する際はその一連の流れを把握しなければなりません。しかし、法人名の申請などの諸々の手続きよりもまず、現地で雇用することが信頼につながることを知っておきましょう。日本人一人でも会社設立は可能ですが、それよりも現地の人を雇って事業を大きく展開するべきです。

多角化で強くなる

先生と生徒

フランチャイズ制が確立

学習塾を開業することにより、企業は事業の多角化を達成することができます。本業だけでなく、さまざまな分野の事業を営むことで、経済情勢の変化などの外的要因によるリスクにより柔軟に対応することができたり、企業の成長スピードを加速させることができたりするなどのメリットが考えられます。また、本業で培ってきた経験や人脈、経営資源などを別の事業でも活かすことができるのも、多角化のメリットです。実際に、飲食店経営やコンビニ経営など、学習塾とはまったく異なる分野で事業を行ってきた会社が、新規に学習塾を開業することは珍しいことではありませんん。それにはいくつかの理由があります。第一の理由は、学習塾業界はフランチャイズ制が確立されていて、全国的に有名な学習塾のフランチャイズとして容易に開業ができる点にあります。テレビCMや雑誌の広告などで有名な学習塾のフランチャイズ店として、教室をオープンさせることができるので、生徒の募集や教室の運営まですべてを本部のノウハウが活用できます。ブランド力の高い塾であれば、最初からかなりの集客が期待できるでしょう。また、他の業種に較べて学習塾は、低い初期コストで開業できる点も見逃せません。教室の賃貸コスト、机や椅子など教室で使う備品、生徒募集のチラシやDMの費用などが必要ですが、小売店のように売るための商品を仕入れる必要がないため、比較的少ない資金で開業できるのが魅力です。

オフィス

支援が増加しているのは

地方から若者が集まりやすい、大都市圏を抱える大阪府ではさまざまな開業支援が活発に行なわれています。開業支援が大阪府で活発に行なわれる理由は、人口の多さや新しいサービスでも受け入れられやすい側面があるからです。